読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーアム・ニーソンがおすすめ 2017年度 スペシャルエディションの最新レビューならココッです シンドラーのリスト

ユダヤ人虐殺のナチスの映画で、シンドラーという人がユダヤ人の逃亡を助ける映画として有名ですが、私はまだ見てなかったので購入しました。スペシャルエディションなので特典映像も全75分。少しでも戦争の残酷さや非道さが解ると思います。

これっ!

2017年04月02日 ランキング上位商品↑

シンドラーのリスト スペシャル エディション リーアム・ニーソンシンドラーのリスト スペシャル・エディション [ リーアム・ニーソン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ナチスドイツに関する映画をたくさん観てますが!この作品を越えるものは私の中では無いです。以前!借りたものがダビングできなかったので!もう一度見たくなって買いました。ユダヤ人の迫害から守った話です。泣けました・・・ボロボロと涙が止まらないほどに・・・古い映画ではないのに、ほとんど白黒の映画です。感動のお復習です。監督のスピルバーグ氏ご自身がユダヤ系アメリカ人ですから、訴えてくるものも大きいのかもしれませんが、とても見ごたえあります。そこが気になったので、評価は★4にさせてもらいました。ひさびさに観ました。何の知識もなく!封切後すぐに見に行って!とても暗い気分になって帰った記憶があります。母親達が泣き叫びながら子供を追いかけるシーンが強く印象に残っています。たまに淡いカラーになります。そしてノンフィクションのシンドラーのリスト・・・第三帝国を作りたかったヒットラー!そして同盟国だった日本!終戦70年を迎えいつまでも戦争参加をしないと誓った戦時中・戦後を思い出し!そして実際にあった数々の惨劇・大量虐殺を記憶から消す事のないようにしたい!そう深く再度思える作品です。こうした人がいたとは.....ノンフィクションでありスピルバーグ監督が滅入ったという作品を終戦70周年で見ることとなりました。子供達の行き先は決まっているのですが、その事を知らない子供達が笑顔で母親達に手を降っている姿が凄く観ていて辛かったです。実話ですし、良い作品だと思います。これで送料無料の1,000円は激安、とても満足できると思います。目を背けたくなる場面も多々ありますが!人間なら1度は見ておくべき作品だと思います。やはりなかなかのものです。以前に観て感動したので!購入しました。他にも沢山あるのですが!このシーンは自分の子供と重ねて観てしまい!母親達が子供の名前を泣きながら叫ぶシーンは胸が苦しくなりました。当時のシンドラーを知るユダヤ系の人々の証言も収録されています。おそらく全くカラーでは!凄惨なシーンが生々し過ぎるためにあえて白黒なのではと思います。で観ました。安くて良かったです。自分がどちら側になる可能性も秘めていると思って、全ての人に見てほしい映画ですね。まさに超大作です。その映像がまた印象的で良いと思えます。だからこそ!シンドラー視点で作品が進んでいくのに!途中でいきなりシンドラーの近くに居るユダヤ人視点になってそっちがズームされたりと!視点が動くのがちょっと気になりました。。私は近々是非ともポーランドへ行き、ビルケナウ収容所も見たいと思っています。その後にはワシントンのホロコースト記念博物館も行きたいです。ユダヤ人のこととか!オスカーシンドラーアウシュビッツについての予備知識がない方は!多少ネットで調べて読んでから観るほうがよりわかりやすく!映画に浸れると思います。何度も観てる名作を手元に置きたくて購入。リーアム・ニーソンのオスカーシンドラーも名演。2年前ふとした事から縞模様のパジャマの少年を知り!アウシュビッツ強制収容所やホロオーストを詳しく調べました。ともかく!泣けます。あの感動をもう一度!見てみたくなり衝動買いです。